ゲームと子育て4 気が付いたらFPSをやっていた教育 その4 受験に向けてあくまでも自分で決めると思える事かな?

こんにちは大家です!

 

前回からの続きですが、

中学を受験することになりました。

一応、塾にも通っていましたが、

志望校が塾の先生曰く6年生の7月から勉強すれば、充分に間に合うと言われていました。

それまでは、学校の勉強についていける程度の週1日のペースで塾に通っていました。

それもテニス優先なので、結構休みがちでした。

 

5年生の終わりに本格的な受験体制に入ることになりまして、

その前にゲームとテニスのことをクリアーしなくてはなりませんでした。

まず公式テニスをやっていると12歳以下の大会で仮に勝ち続けてしまった場合は、

大会が連続してしまうので、9月から本格的な受験に入ります。

この不確定要素があります。

しかしながら、例にもれず春の東京予選で無事に敗退?になり、

こちらは、しばらく練習をお休みするという事で、

早々に受験体制が整うことが出来ました。

 

さて、ゲームの方ですが、

特に何も言わずに掘っておいたのですが、

テニスが一旦お休みになったことや、

もともと、運動していた体力もあり、

ガンガンゲームだけになっていました。

ゲームの時間以外で食事、睡眠、勉強というようになっていました。

これでは、受験どころではありません。

流石に夏休みになり、塾の先生からこれでは合格しませんと言われてしまいました。

私も塾に呼び出されて息子と一緒に先生に怒られたのを覚えています。

 

そこで、ふとあることに気が付いたのですが、

以前、仕事で世界戦にも出場したプロゲーマーの方から聞いたお話なのですが、

その方曰く、

「ゲーム(eスポーツ)とスポーツとの一番の違いは、

ゲームは何時間でもプレーし続けることができます。

つまり、フィジカルスポーツより圧倒的に練習時間が作れるのです。」

とお話していました。

 

ゲームをするというのは、どんどん時間を消費してしまいます。

気が付いたら数時間以上ゲームしていたなんてことはゲーマーならざらにあるのです。

プレーしている本人からしてみれば、やり始めたら時間があっという間に過ぎてしまうものなのです。

しかも、ゲームのゴールデンタイムは20時から深夜1時くらいまでと言われています。

これでは最悪昼夜が逆転してしまい、受験どころではなくなります。

 

そこで、また話し合い?です。

いや、あまりにも勉強しないから怒ったかな???たぶん。。。(今更ごめんなさい)

そもそも、肝心の中学を受験して行きたい学校なのか?

それを聞きました。

また、わりに肝心なことだと思うのですが、

親としての私の希望もしっかりと言いました。

もちろん、受験してくれよって言いました。

 

小学生なのでどこまでが自分の意志かはわかりませんが、

やっぱり行きたい中学があって、そこを目指したいと言ってきました。

でっやむなくゲームも一旦休止にすると言いました。

これが親の影響がないといえば嘘になるとは思いますが、

肝心なのは本人が自分で決めたと思ってもらうことだと思います。

 

そんなこんなで希望校に合格して、

受験も無事終了しました。

その後はといえば、

また、ガンガンゲームにガンガンテニス漬けの生活を送っていました。

 

ちなみに、やっぱり根っからのゲーマーなので、

塾の行き帰りは子供携帯(ガラケー)内蔵のゲームでは遊んでいましたよw

 

今回はここまで、

 

でわ!

 

イベント情報

 

C4LAN2022summer

 

日程

令和4年8月12日から14日

 

場所

ツインメッセ静岡  北館

 

公式サイト

c4-lan.com